水槽を眺めながら

我が家の水槽をインテリア水槽にするため、ごくたまに奮闘する。 だから、手間が要らずステキな水槽が第一目標。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタハラ TFWサンライトH70 レポート

 熱帯魚用品の中で、一際値段が高いメタハラ。私も購入した時はあちらこちらのサイトを参考にし、失敗がないようにしたものでした。なぜなら、失敗したからといっておいそれと買い換えるなど難しいでしょうから。
 そこで、少しでも参考になるよう使用レポートを書いてみたいと思います。メタハラ側面 
 まず、明るさですが75×45×45では十分ではないでしょうか。ヘアグラスもしっかり育っています。グロッソスティグマやリシアなどは試してませんが、大抵の水草には十分だと思います。
 メタハラで気になる熱量ですが、まだ夏を過ごしていないので正直わかりませんが、オープンアクアリウムにし、消費電力も70Wということであまり問題にはならなさそうです。
 さて、サンライトの特徴ですがまず一番に挙げられるのが、安いと言うこと。70Wはもちろん150Wでも割安感はありありです。
 そして、あまり挙げられてませんが、その設置方法です。サンライトは設置方法はいろいろ選べますが、吊り下げられていないので、角度が選べます。(吊り下げてもバランスドアームと言うのがあるので大丈夫かもしれません。確認してね。)写真を見てもらえればわかりますが、我が家では水槽の前面から傾けた感じでサンライトを設置しています。これは我が家のちびっ子たちが水槽を下から覗いたときに光源を直接見えないようにするためです。あるサイトにサンライトが熱帯魚屋さんで他のメタハラに比べてあまりまぶしくなかったと書いてありましたが、たぶん角度をつけて設置しているせいではないのでしょうか。
 でも、デザインはお洒落と言うより無骨な感じで好き嫌いはありそうなのが弱点と言えば弱点なのかなと思います。
 メタハラの選択は水槽の大きさ、インテリアの統一性、育てる水草の種類等いろんな条件によって、違うので、一概に正解はないと思いますが、満足感は高いです。
 いろいろ偉そうなことを書きましたが、実はメタハラ購入は初めてなので、それを差し引いて読んでみてください。

スポンサーサイト

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

底物参上!!

底物参上! ヘアグラスもかなり根付いてきましたので、やっと、底物を導入しました。コリドラス・ジュリー3名様です。
 コレクションされることも多いコリドラスの中ではまあまあ手頃な値段。模様も可愛いです。以前、飼育してたときは底砂が新田砂だった為か色が多少薄くなりましたが、今回は大磯なので大丈夫ではないかと思います。
 本来、長生きのコリドラスですが、私は☆にしてしまうことが多いような気がします。考えられる原因は
 1.水草の前景草などで遊泳スペースが狭い。
 2.底砂の汚れ
 3・コリドラス専用のえさを入れず、餓死。
って感じだと思いますので、反省して今度こそは長生きさせようと思います。
 コリドラスが砂の上で3匹ちょこんと座っている?姿は大変かわいいです。そんな写真うまく撮影できれば、UPしてみたいです。でも、そのためには1にも2にもコリドラスの健康管理ですね。


テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

さよなら、ベタ男さん

 我が家の水槽のベタが☆になりました。我が家で1年半程飼っていました。
 ベタちゃんはうちの奥様のお気に入りで、ひとつの水槽で2匹飼いを狙っていましたが、当然のように却下しました。そんな中、混泳水槽で飼われたベタは意外に他の魚に悪さもせず、一番目立つ魚でした。 鏡に向かいヒレを広げているのが可愛く、コミュニケーション?が取れる魚で、いつも我が家のアイドルでした。うちの娘が最初に覚えた熱帯魚の種類は当然『ベタ』。
 最近、ヒレがボロボロになり、限界かなとは思っていましたが、案の定でした。ベタは小さい水槽に飼われがちですが、中型の水草水槽に飼われていて幸せだったのかどうかわかりませんが、悲しいです。
 今回亡くなった我が家のベタは三代目で、また再びベタを飼うことになると思います。
 さよなら、ベタ男。
 

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

浮き葉 その2

浮き葉 その2 以前記事にも書いたことのあるタイガーロータスの浮き葉が再び伸びてきました。 前回は水面に達する前に切ったのですけれども、今回は水面に浮き葉が開くまで伸ばしてみました。
 なかなかきれいな出来だと思います。オープンアクアリウムなので、水面から見ると格別です。でも、横から見るとただ葉っぱがまっすぐ水面にむかっていって、茎が『ビニョーン』と伸びて、あまりかっこいいとはいえません。最終的には切る予定ですが、もう少し様子を見てみます。タイガーロータスも徐々に巨大化、脇役からメインに躍り出そうです。
 やっぱり上から水槽を覗くと言うのは、いい感じです。タイガーロータスの浮き葉はやがて切られる運命ですが、今度は浮き草を買ってみようかな。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

水換え

 水槽を維持していくのに水換えは必須ですが、皆さんはどのくらいの頻度で換えているでしょうか。水槽の大きさ、魚の数などを考慮に入れてやるので、これといった決まりはないですが、一応ある程度の目安を付けてやっている方が多いでしょう。
 私の場合、一応、一週間に1回バケツ1杯分を目標にしてやっています。時間にすればわずかですが、意外とできない。子供の世話などしているとあっという間に時間が経ちます。
 結局、我が家の水槽はオープンアクアリウムなので、水がある程度蒸発したら足し水兼用にしているのが現状で、2週間に1回くらいかな。
 まめな人は水換えのたびに水質検査をしている方もいるかもしれませんが、私は適当。温度あわせも結構適当です。せいぜい水槽の1/3から1/4くらい換えるだけなので、肌で温度は計測。
 カルキ抜きも面倒だと水を換えてから直接水槽に投入と言うアバウトさ。
 生き物にとっては迷惑かもしれないけど、ある程度アバウトにやってきたのが、ここまでやってこれたせいかもしれません。
 ところで、水槽を10本とかもっている人はどうやって水換えしているのかな。水槽1本派からの疑問です。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。